お知らせ TOPICS

スキャン(デジタル化)サービス

library-3859396_1920
社内に存在する紙ベースの書類や資料をPDFなどのデジタルデータに変換するサービス。
情報の適正管理・活用を促進、保管場所のスリム化により保管コスト削減などにも役立ちます。

DXのはじまりに

書類や資料をデジタル化し、活用する方法を考える【デジタライゼーション】はDXの第一歩です。
「紙をスキャンしてデータを納品」だけではなく、活用方法や運用のルール策定なども含めて提案します。

ワークスタイルの多様化への対応

書類や資料をデジタル化し、クラウドサーバで共有することで社員間・営業所間でのコミュニケーションをスムーズに行うことが可能です。 持ち出す必要のあった書類や資料をPCやモバイル端末で確認できることで、テレワークへの環境整備・オフィスのスモール化なども行いやすくなります。

コスト削減

年々増え続ける大量の書類や資料。
保管スペースや倉庫などの【保管コスト】に整理整頓・検索に時間がかかる【人件費】
紙での保管が義務づけられているもの・必要なものを除き、デジタル化することにより保管スペースを削減。
データ保管のルールを決めることで管理が容易になり、また、高精度なOCR処理を施すことで効率よく検索することが可能になります。 (WordやExcelデータとしても使えるテキストデータ化も可能です。)

災害対策・BCP対策・劣化防止

いつ発生するか分からない自然災害。紙ベースでの保管のみだと消失する危険性がありデータの分散保管が必要になります。 また、紙ベースのものは管理を徹底していても色落ちなどの経年劣化は避けられません。
デジタル化したデータを社内サーバやクラウドサーバに分散保管することで、消失や経年劣化を防止できます。

裁断せずにデジタル化

社史・社内報・記念誌・機関誌・カタログ・古書・貴重書籍など、裁断が難しいものでもデジタル化が可能です。
一般的な書類はもちろん、大判ポスター(A0サイズ)・アート作品・ネガ・ポジフィルム・マイクロフィルムなどにも対応しております。

使用例

・名簿や商品の表をExcelデータ化
・システム登録用のCSVデータを作成
・紙の資料を編集用データ化(Word・InDesignなど)
・過去の紙情報をWebサイトで活用
・青焼き図面をデータ化
・過去のカタログをデータ化しデジタルカタログとして社内共有